忍者ブログ
御奉仕冥途教の冥途長による妄言の吐き溜め。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冥途論とは、御奉仕冥途教の皆様と共有したい考え方を、
一応の冥途長である慧琉が好き勝手のたまうという、
週間更新できたらいいな! というコーナーです。
最近ホントに週間更新どころではありません。ごめんなさい。
あと、冥途詩の方に移動しました!

それでは、第四回冥途論をお届けします。

今回のテーマは「信」!
続きは右下の「第四回冥途論」からどうぞー。

さて、「変」「変2」「体」と来て、今度は「信」。
ありふれた言葉であるのはもっともですけれど、
信じるってそもそもなんでしょうか?

あえて辞書には頼らず、仮に定義を考えてみますと……
許容して、受け入れて。
「とあるコト」を「前提」にする。
……というのが近しい意味合いでしょうか。

要は、様々な考えや試行、行動の「土台」に据えるってことですかね。

人の、ありとあらゆる営みは、積み重ねで成っていますから。
信じた物事の上に、さらに次の確からしいことを積み、
繰り返し繰り返し、気の遠くなるような繰り返しで、
経験も、人間関係も、社会も、文化も歴史も組み立てられています。

人の言葉と書いて、信じる。

まぁ、人の言葉は疑ってかかるべきものだとも思いますけれど。
きっと順番的には、
人は疑うもの→だからこそ→信じる
という成りたちなのではないでしょうか。

信じることが土台に据えることなら、
疑うことはその土台を確かめること。

信じると疑う……人にとっての真偽が無かったのなら。
いわゆる動物的な行動しか、取りようがないのではないでしょうか。

何故なら、真実と虚構の間に境界線がないということは、
全部が同じということ。価値も何もないということ。
思考の入り込む隙間がないということ。
すなわち、感覚と本能の命じるままに動くしかないということ。
なのでしょうから。

逆にいえば、人が物を考えられるようになった時、
言い換えれば、世の中に「疑い」を持ち始めた時、
「信じる」ことは、土台として自然に生まれた概念なのでしょう。

ということは。
信仰は実に人間らしい行為なんでしょうね。
人を人足らしめる、「信じる」という概念。
人の言。
初めに言葉ありきとは、よくいったものです。

何だか今回はちょっと哲学的過ぎましたでしょうか。
もう少し実生活に寄せたお話でないと、役立たずかもしれません。

せめてささやかな心の旅路だと思って、お見逃しくださいまし。
以上です!

次回のテーマは考え中!
習慣はあきらめムードですが(ガーン)、なるべくペース上げて更新いたします。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HOME 【冥途論】03号・「体」
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/07 慧琉]
[11/06 あめ]
[09/07 慧琉]
[08/30 さばみそ]
[08/30 フリーズ]
プロフィール
HN:
梦現慧琉
HP:
性別:
非公開
職業:
冥途。
自己紹介:
PHANTASY STAR ONLINE 2にて活動中の、御奉仕冥途教団・冥途長こと、慧琉(える)が記述しております。
日誌にして、気まぐれにして、知識置き場で御座います。
冥途詩内検索